Lander社長の"Mutsumi Lee"

Lander代表クリエイティブプロデューサーMutsumiLanderについて、まずはざっくり知ってみよう。

◆Profile◆
Mutsumi Lee
クリエイティブプロデューサー / 40代 / 趣味は旅行、特技は荷造り
拠点: ロサンゼルス


Q1:どこに住んでいますか?

「ロサンゼルス」


Q2:どんな仕事をしていますか?

「Lander Inc.というクリエイティブカンパニーの代表です。映画やweb、広告やエンタメコンテンツを作ったり、クライアントのクリエイティブプロジェクトの統合的支援を行ったりしています。」


Q3:いつから?

「2002年10月、24歳のときから」


Q4:なぜLAに?

「一番の理由はずっと海外に住んでみたかったから。二番目はアメリカで映画を作ったり、新しいコンテンツやサービスををつくるため。」


Q5:社長が日本にいなくても大丈夫?

「やってみなければわからないので、とりあえずチャレンジ中。日本にいても会社にはほとんど行かない。会社に行かなくても仕事ができるチームづくりを長年してきたので、多分大丈夫だと思っている。」


Q6:Landerのメンバーはどんな人たち?

「フリーランスの女性ディレクター陣が主要メンバー。日本だけでなく外国で生活するメンバーもいます。現地の外国人も最近チーム入りし、今後はもっと国籍も人種もカルチャーも色とりどりのチームにしていきたい。」


Q7:『自分らしく働く』とはあなたにとってどういう働き方?

「やりたくないことはしないこと。例えば場所や時間に縛られたくないとか、失礼な人とは仕事しないとか、そもそも会社に入りたくないとか(笑)これを貫くのはシンプルだけど結構難しかった。でもそこにこだわって、諦めずに自分が満足できる働き方を作ってきました。」


Q8:働くモチベーションは何?

「30代半ばまでは、自分の何かしらの能力を極限まで高めたいという思いだけでがむしゃらになれた。40歳の今のモチベーションは2つ。」

1.だれかの心の奥底をあたためられるようなクリエイティブやコンテンツを生み出すこと。2.自分らしさを受け入れて実践する勇気を、ひとりでも多くの女性に届けること。


Q9:フリーランスとして働く上で一番大切だと思うことは?

「どうやったらもっと良くなるかという自問自答をして行動し続けること。スキルの向上でも信頼関係の構築でも、あらゆることを自分自身でアップグレードするマジメント力が必要だから。」


Q10:フリーランスになろうかと迷っている人に一声かけるとしたら?

「心からなりたいならば、まずやってみよう。必要な悩みは、その後やってくる。やる前に悩むのはもったいない。」


Q11:あなたのモットー(座右の銘のようなもの)は?

「”Be brave to warm your soul”『魂をあたためるために勇敢になれ!』。人が生き続けるには、魂があたためられている状態でないと難しいということを思い知らされた出来事があった。魂があたたまるというのは簡単に言えば『自分らしくある』ということ。自分らしくあることを恐れないで。」



Landerの働き方や仕事など興味ある方は
ぜひお気軽にお問い合わせからご連絡ください。


lander labo

リモートワーク × 女性 × セカイ 世界各国で暮らしたり旅しながら映画や広告の第一線で活躍できるのはなぜ⁉️ 女性たちが世界中からリモートワークで働くクリエイティブカンパニーLander Incの働き方を紐解くことで今を生きる女性へ自分らしくあるヒントを届けるコミュニティ型メディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000